宗教主任 安達 正希

聖書の言葉

イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。 そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。 「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたし たちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」これを聞いて、 ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。王は民の 祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっ ているのかと問いただした。彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。 預言者がこう書いています。
『ユダの地、ベツレヘムよ、
お前はユダの指導者たちの中で
決していちばん小さいものではない。
お前から指導者が現れ、
わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」
そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期 を確かめた。そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら 知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。 彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに 幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。 家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を 拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。ところが、 「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分 たちの国へ帰って行った。

日本聖書協会『新共同訳 新約聖書』 マタイによる福音書 2章1-12節

i

毎年12月になると、聖愛の校舎は、クリスマスの飾りが多く飾られます。今、中央廊下には、クリスマス・リースが沢山飾られています。また、来客者用・教職員用玄関には、英語で「ネイティビティ」と言って、イエス・キリストの降誕した時の馬小屋を再現したものがセットされています。宣教師からのプレゼントだそうです。さらに、礼拝堂、今年は、新型インフルエンザの関係で、クリスマス前、礼拝堂に入場する機会がありませんでした。その礼拝堂内、左右の窓には、かわいらしいステンドグラスがかけられています。そして、礼拝堂の正面・講壇の上には、高校3年Eクラスが作ってくれた星が、今、沢山つるされています。

クリスマス、特に主イエスの生まれた時のイメージとして、光り輝く「星」は欠かせません。クリスマスツリーの上には、多くの場合、星がセットされています。あの星、名称があるそうです。「ベツレヘムの星」というようです。それくらい「星」はクリスマスには欠かせないものです。その星は、かすかな光であっても、周囲が暗ければ暗いほど、ものを照らします。

ii

本日の聖書によれば、「星」を頼りに、学者たちが幼子イエスの所に来ます。遠く離れた国から、長い時間をかけてやって来ました。そして、最後は、暗闇の中、星が彼らを、主イエスのもとへと案内したのです。

「暗闇」とは何でしょうか。もちろん、夜の出来事だから闇ではあるのですが、一歩立ち止まり、考えたいと思います。

星は、暗闇の中で輝くのですが、クリスマスでの「暗闇」、これは、主イエスの誕生を嬉しく思わない人間の姿を見ると分かります。主イエスの誕生を嬉しく思わない人、それは、時の王、ヘロデ王という人です。3節には、こう記されています。「ヘロデ王は不安を抱いた」、と。

王は、権力や目に見える財産、冨、軍隊、ひっくるめて「力」の象徴です。また、この世の価値観の代表です。学者たちが言った「ユダヤ人の王が生まれた」という知らせは、自分が王であるはずのヘロデにとっては嬉しくない状況だったのです。

その結果、権力者ヘロデは、自分にとって都合の悪い者を排除しようとするのです。自分の地位を守るため、力で、生まれたばかりの小さな幼子イエスを排除しよう、と。そして、そのために、学者たちを利用しようとするのです。

それは、こういうことです。自分のために他者を排除し、自分のために誰かを利用する、そういった罪の支配する暗闇がある、ということです。また、力の支配による世界がある、暗闇があることを示します。排除と力の支配、この暗闇がどれだけの憎しみとさらに深い暗闇を生み出してきたか、それは私たちの知る所です。国家のレベルで、そんな大きなことを言わなくても、私たちの毎日の生活をみれば、分かります。

その暗闇を抱える人間社会に、また、一人一人の心に、神の愛を伝え、互いに愛することを教えるイエス・キリストが来られた、しかも、物の豊かさや力、繁栄、力とは全く逆の、みすぼらしい馬小屋でひっそりと生まれた、それがクリスマスの出来事です。

iii

クリスマスツリーの星を見るたびに、自分自身と、自分の暮らす社会を見つめ直したいと思います。そして、学者たちがクリスマスの光の下を歩んだように、私たち一人一人も、「神を愛し、隣人を自分のように愛しなさい」と語る、主イエスの教えた光の中を「光の子」として歩みたいと思います。お祈りします。