音楽と祈り

今年度最後の音楽と祈りです。今日紹介された音楽はステファー・ボルテーズ作詞、ガブリエル・フォーレ作曲の「祈り」という曲でした。それをピエール・ヴェジュルのピアノ、カミーユ・モラーヌの歌で聴きました。鎌田先生が中学生の時に、お姉さんが買ってきたレコードの中にこの曲が入っていて、それがきっかけで声楽を志すことになったそうです。そして音楽大学に入り、師事した先生がフランス留学中に習った先生がカミーユ・モラーヌで、鎌田先生自身もフランスでカミーユ・モラーヌのレッスンを受けたそうです。カミーユ・モラーヌは鎌田先生の音楽人生に大きな影響を与えた方です。
さて、今日は今年度最後の音楽と祈りです。鎌田先生にとっても最後の音楽と祈りになります。鎌田先生、長い間、私たちに素敵な音楽を届けてくれて有り難うございました。感謝します。

入試準備

明日の一般入試に向けて、在校生が会場を綺麗にしようと準備しています。ここは面接会場です。床を掃除して、ワックスがけをしています。心を込めて受験生をお迎えしたいと思います。