音楽と祈り

第15回目の音楽と祈りは鎌田紳爾先生の担当です。武満徹作曲、谷川俊太郎作詞の「死んだ男の残したものは」でした。鎌田先生は生徒のみなさん是非、心に刻んでほしい歌ということで毎年のように取り上げています。特に今年は4番の歌詞「死んだ兵士の残したものは こわれた銃とゆがんだ地球」に注目し、戦争はいったい何を残すのだろうかと、問いかけました。

入試準備

明日の入試を前に、在校生が心を込めて掃除をしています。きれいな校舎でお待ちしております。頑張れ受験生!