2年Dクラスによるクラス担当礼拝でした。讃美歌453番(きけや愛の言葉を)を讃美した後、浅利ゆりあさんが「見て見ぬふり」というテーマでお話をして下さいました。善きサマリア人のたとえを引用し、「苦しんでいる人がいたら見て見ぬふりをするのではなく、きちんと向き合い助けられる人になりたい」と話してくれました。