今日は月に一度の献金日です。カンボジアで活動をする「幼い難民を考える会」に献金を捧げました。この団体は1980年に難民キャンプという過酷な環境でも、懸命に生きる子供たちを目の当たりにし、何かできないかと、始まった団体です。難民キャンプでは保育センター「希望の家」を3カ所で展開、8,000人の子供たちの保育を行い、一緒に活動を盛り立ててくれるカンボジア人スタッフは13,000人にのぼります。「幼児の保育」と「女性の支援」を柱に幼い子供のために、そしてお母さんである女性の自尊心と自立能力を高めていくために活動している団体です。心をこめて献金をしました。