音楽と祈り

来週中学校3年生はカナダに語学研修に行きます。なので今日のテーマは「カナダを知る」でした。フランスの植民地時代に根付いたフランス文化の影響を色濃く受けたケイジャンミュージックというカントリーミュージックの一種が紹介されました。THE BALFA BROTHERSの「DRUNKARD’S SORROW WALTZ」です。軽快な音楽でした。今週の担当は下田先生です。

一年生進路講話会

1年生は来るべき進路選択に向けて、進路講話を受けました。リクルートの佐々木さんから、進路適性検査の診断結果をもとにお話をいただきました。将来向いている仕事が診断されたのですが、初めて聞く仕事もたくさんありました。「知ってることを増やせば、やりたことも増える」。まさしくその通り。新しい扉が現れた感じがしました。高校生はこれから何にでもなれますね。