礼拝 | 説教 | 献金 | 次年度のお誘い

2019年12月21日(土)14時30分から弘前市民会館大ホールにてクリスマス礼拝を行いました。
本校のクリスマス礼拝は、救い主イエス・キリストの誕生を祝い、その喜びを分かち合うためにおこなわれています。

今年も多くの保護者、卒業生、一般の方々と共に礼拝をささげることができました。聖書が朗読され、朗読に合わせて生徒よるページェント(キリスト降誕劇)も繰り広げられました。また吹奏楽部や音楽部(ハンドベル)の演奏も織り込まれました。生徒たちの感想を通して、このクリスマス礼拝を紹介いたします。

吹奏楽部

私は中学校生活最後のクリスマス礼拝を終えて、たくさんのことを感じました。中学校生活最後のクリスマス礼拝ということもあり、この3年間を通して満仲先生や石垣先生に教えられたことが頭に浮かんできました。毎日の礼拝や授業の中で「隣人愛」という言葉を多くききました。その言葉通り、自分の周りにいる人を愛していける人になりたいと思っています。私は今年も吹奏楽部として、クリスマス礼拝に参加することができました。ハレルヤや讃美歌の演奏をして、より会場の方と一つになることができたのではないかと思いました。来年私は高校生になります。中学生の時とはちがう礼拝を作り上げていきたいです。そしてより一つになれるように特別にしたいなと思いました。(佐々木日菜)

天使


自分が役者としてクリスマス礼拝に参加して、改めて礼拝の大切さを感じたし、聖愛でしか体験できない大切な行事の大切な仕事をできてとても嬉しいです。まさか自分が天使の役で舞台に上がると思ってなかったので、すごく緊張したけど、役者、朗読者、司会、先生達、全校で作り上げたクリスマス礼拝がとても良いものになったので役者をやってよかったなと思いました。(武内莉帆)

マリア

私は自分に自信がなく、人前に出ることがとても苦手でした。マリア様に選ばれたとき、嬉しさと不安がありました。しかし練習をしてみると、周りの人達はとても優しく楽しい人ばかりでした。練習の時間はとても楽しい時間を過ごすことができました。本番に近づくにつれて不安から楽しみに変わっていきました。本番はとても緊張しましたが、楽しく終えることができました。貴重な経験をさせてくれた先生方にとても感謝しています。最後のクリスマス礼拝だと考えると少し寂しい気持ちになりますが、最高のクリスマス礼拝になれました。(和田咲知帆)

羊飼い


6年間聖愛のクリスマス礼拝に参加し、最終学年の高校3年生で役者をやる事が出来て、とても貴重な体験が出来ました。中学生の頃から先輩方が演技しているのを見ていましたが、まさか自分があの場所に立てるなんて思ってもいませんでした。最初はとても緊張しましたが、役者の皆の雰囲気はとても和やかで、練習はとても楽しかったです。役者同士で動きについて話し合ったりなど自分達で演技について考えられたのもいい思い出です。高校最後にいい思い出が作れたと思いました!(長谷川日菜)

朗読

聖書の朗読をやってほしいと言われた時も練習の時も、自分にできるのか、他の人の方がいいのではないかと不安な気持ちがとても大きかったです。でもやってみて、今までで1番緊張したけどとてもいい経験だと思いました。しっかりとやり切ることもできました。大事な役割を果たすという経験ができて良かったです。指導してくれた先生方、ありがとうございました。(坂本真菜)


私が聖書朗読をしようと思った理由は、おととし、去年と先輩たちの聖書朗読をみてとてもかっこいいと思ったからです。また最初に練習したときはとても緊張していましたが、家で何回も練習して何とか苦手を克服することができました。本番では、今まで1番の出来ですることができました。本番で1番の出来をすることができたのは、指導してくれた石垣先生、中村先生、また満仲先生と仲間たちのおかげだと私は思います。このような機会はなかなかすることができない経験なので、経験できてよかったです。(北山隆晟)

音楽部

私がクリスマス礼拝に参加してみて感じたことは大変さです。去年はただ讃美歌を歌って話を聞くだけでしたが今年は2か月ほどハンドベルを練習して本番で演奏しました。クリスマス礼拝にまさか出るとは思っていなかったのでとても緊張しましたが、良い経験になりました。また来年も出たいと思うくらい楽しかったです。あと友達とのチームワークが深まったと思います。ハンドベルは1人、1つの音しか担当できないので、和音のところは周りを見て息を合わせないといけません。だから音楽部全体のチームワークも上がったかと思います。1年生は今回が初めての演奏だったのでそうした面からもとても良い経験でした。また今回はポジションの移動など普段しないことにも挑戦しましたが、そこもうまくいって自分としても納得できる演奏だったので、機会があるのであれば来年も演奏したいと思いました。これからもみんなで協力してがんばって練習を続けていきたいと思います。