今日の出会いは小野寺仁先生です。吉野彰さんがノーベル化学賞を受賞されたことから、セレンディビティのお話でした。吉野さんだけでなく、今まで受賞してきた化学者たちは、失敗の中から新しい発見をしたり、専門外のことに興味を持ってその分野にのめりこんだりと、奇跡とも思える偶然に巡り合うことでそれらを成し遂げてきました。しかし、その軌跡とも思える偶然を手にいれるためには、それ相応の努力をしなければいけないし、感度の良いアンテナをしっかり張らなくてはなりません。チャンスはほんの近くに転がっているのかもしれません。