音楽と祈り

今日の担当は下田先生です。フランツ・リスト作曲の「ラカンパネラ」をフジ子ヘミングさんの演奏で聴きました。複雑な出自を背景とした演奏には「元来の表現とかけ離れている」という批判もあるそうですが、彼女は「壊れそうな鐘があったっていいじゃない。」と答え、「完璧よりも少し歪んでいて傷ついた方が人間らしい。その時は不幸だと思っていたことが、あとから考えてみればより大きな幸福のために必要なものだったということもある。」と話します。人々に希望を与えるために、壊れそうな鐘だとしてもそれを懸命に鳴らし続けたいという彼女の気持ちが見えるようです。ちなみに「カパネラ」はイタリア語で「鐘」という意味だそうです。
お祈りは、高校総体を前にした選手の皆さんに「勝利の鐘が響きますように」と締めくくられました。

1年生カリキュラム説明会

1時間目、1年生は来年度の教育課程について説明を受けました。一般コースは2年生になると、一般クラス・文系進学クラス・理系進学クラスと3つのクラスに分かれます。自分の進路を踏まえ、来年度のクラス選択をします。提出期限は1ヶ月後です。この時期は将来に目を向ける時期でもあります。担当は教務主任の小野寺先生です。