1. HOME
  2. 学校案内
  3. 聖愛高等学校
  4. 聖愛高校の特徴
  5. コース紹介

聖愛高等学校

SEIAI HIGH SCHOOL

聖愛高校の特徴

コース紹介

コースについて

本校では、「基礎学力の定着」から、大学進学や就職等の進路決定等まで、段階を踏んで確実に目標に近づくことができるカリキュラム構成にもとづいたコース制となっています。

コースは、一般コースと特進コースの2つのコースがあります。

さらに一般コースは、それまでの成績や本人の希望を参考にし、2学年進級時に一般クラス・文系進学クラス・理系進学クラスの3つのクラスに分かれ勉強に励みます。

ここでは、各コース・クラスについてご案内します。

一般コース

就職から大学進学まで進路選択の幅が広いため、それに対応するための基礎を学習します。

勉強と、部活動を主とする課外活動とを両立させる生徒が多く在籍しています。

2年次から、自分の進路希望をみすえ、選択科目をふまえた各クラスに分かれます。3年次には、それまでの頑張りを生かした推薦入試等を利用して、大学に進学する生徒が多くなってきています。

一般クラス

一般クラスは、運動部や文化部に所属している生徒が多く、聖愛高校の中で最も生徒数が多いクラスです。

大学や専門学校への進学や就職等、幅広い進路に適したクラスです。自分の進路についてしっかりと考え、多様な選択科目の中から自分に適した授業を選ぶことができます。

日々の勉強や部活に真剣に取り組んだことで、国公立大学に推薦で合格する生徒もいます。

文系進学クラス

文系の大学等への進学を希望する生徒のクラスです。英語と地歴・公民(社会)の授業数が他のクラスより多くなっており、2・3年次と継続していきます。

文武両道を目標として、日々の勉強、部活動、英語検定等の資格取得に励み、国公立大学や難関私立大学への進学を希望する生徒が多く在籍しています。

理系進学クラス

医療系や理工系の大学等への進学を希望する生徒のクラスです。文系進学クラスと同じく、受験を意識してカリキュラムが作られています。物理や数学Ⅲなど、特進コースと同様の理数系科目が設定されていることも特徴です。

主な進学手段は指定校推薦や一般推薦ですが、中には看護学校や、私立大学の一般入試で合格する生徒もいます。

特進コース・アドバンスコース

特進コース・アドバンスコースは、国公立大学、難関私立大学への進学を希望する生徒が在籍しています。そのため、大学入試を念頭においた授業等が、1年次より展開されます。また、大学ならびに大学入試をめぐる変化等に対応した取り組みも道宜実施しています。

特進コースは、平日50分の講習に加え、土曜日・祝祭日・長期休暇には、1コマ80分の講習があります。また、1、2年次の夏季休暇には、2泊3日の学習合宿があり、朝から夜まで集中して学習に取り組みます。

アドバンスコースは、すでに高校の内容を学習している聖愛中アドバンスグループの学習進度を維持するためのコースです。特進コースと同様、平日50分の講習に加え、土曜日・祝祭日・長期休暇には、1コマ80分の講習や、2泊3日の学習合宿があります。

必然的にクラスの仲間や教師とともに過ごす時間が増えることで団結力が高まります。そのため、運動会、スポーツ大会、文化祭などの学校行事での思い入れも強くなることも特徴です。それぞれの目標に向かって真剣に勉強に取り組み、国公立大学、難関私立大学への進学を目指します。

文系選択

人文社会科学部や教育学部、経済学部等の国公立大学や難関私立大学への大学進学を目指す生徒のクラスです。

大学入試共通テストや二次試験等への対策のための実践演習等の実施や、地歴・公民の授業数が多くなっています。

理系選択


医学部や薬学部、理工学部、農学部等の国公立大学や難関私立大学への大学進学を目指す生徒のクラスです。

大学入試共通テストや二次試験等への対策のための実践演習等の実施や、数学や理科の授業数が多くなっています。