宗教主任 石垣 雅子

聖書の言葉

するとイエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言われた。

新約聖書 ルカによる福音書23章43節

I

教会暦によれば、今日はイエス・キリストが十字架につけられた日、受難日です。ルカによる福音書によれば、イエスは「されこうべ」と呼ばれる所で二人の犯罪人と一緒に十字架につけられたと書いてあります(ルカ23章32節以下)。当時十字架とは人々に対する見せしめの意味を持っており、あんなふうな死に方はしたくないと思わせる方法であったと言われています。とても残酷で、長い時間苦しみながら死ななければならなかったのです。
どうして、イエスはそのような方法でもって殺されなければならなかったのか。本当のところはわかりません。でも、考えてみるに、当時の権力者にとって邪魔な存在、目の前から残酷な方法でもって抹殺したい存在と見なされたのでしょう。加えて、人々はイエスのことをののしり、馬鹿にし、あざけったと書いてあります。

II

イエスはどういう気持ちで十字架についたのでしょう。もし、自分だったらと考えてみれば、さびしい、困った、腹立たしい、悔しい、途方に暮れた気持ちだったのではないかと思います。誰からも見捨てられた、ひとりぼっちの状況だったはずです。絶望的で望みがない。苦しみながら死ななければならない。誰も自分のことを助けてくれないのです。
にもかかわらず、イエスは「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と、自分と一緒に十字架の上で処刑されていく二人の犯罪人に言っているのです。生命がもうすぐ終わってしまうという時に、この言葉は変です。楽園になんかいるはずがありません。むしろ地獄の苦しみの中にいると言った方が適切です。
わたしはこの言葉について思いを巡らします。どんな絶望的な状況にあったとしても希望があることを言っているのかもしれないと思うのです。もう間もなく、間違いなく死んでしまう。だから、何もかも終わりだ、何もかもむなしいというのではないと言っているのではないかと考えるのです。

III

自分自身の死という最も残酷な絶望の中にあるイエスは、その場所から生命の言葉を語りかけているのではないでしょうか。自分自身見捨てられた、ひとりぼっちの、苦しい中にあって、他者に対しての希望の言葉を語っているのではないでしょうか。「自分を救ってみろ」というあざけりの中、イエスは自分を救おうとはしていません。「今わたしと一緒にパラダイスにいるんだ」という言葉を語っている。
イエスは自らの死に臨みながら、その場所で、わたしたちを生かす言葉を語ろうとしておられるのではないでしょうか。それは、イエス自身を救い、生かす言葉ではありません。見捨てられた自分自身、もう間もなく死んでしまう自分自身を救おうとしているのではないのです。そうではなく、見捨てられた他者に対してです。死をも乗り越えるような生命の言葉を語っているのです。何故なら、そのような人々をこそ、自分を失ってでも救おうとするためにです。