語学研修4日目(10月16日)

ホストファミリーが生徒たちを学校に送ってくれました。日本語を話す環境にいなかった生徒は、同級生との再開をとても喜んでいました。

早速集まった生徒たちが、ホストファミリーが作ってくれたごはんを見せてくれました。


現地の生徒との交流が始まりました。
本校を代表して生徒が挨拶をしたあと、1日の学校生活をサポートしてくれるバディ(buddy)の紹介がありました。

肖像権やプライバシー問題などが関係するため、バディ以外の生徒が写る可能性のある授業風景などを収めることができませんでした。

学校内の様子は写真の通りです。

 

生徒たちはバディが受ける授業を一緒に受けました。
1時間目の授業ではもともと避難訓練が計画されており、現地の学校の生徒と一緒に訓練に臨みました。

その後、授業に戻り、プログラミング、化学、数学などを英語で学ぶ体験をしました。

そして、生徒が待ちに待ったお昼です!

ご飯を早めに食べ終えた生徒はバディと話したりするだけではなく、バディ以外の生徒と一緒にサッカーをするなど、積極的にコミュニケーションをとる姿勢が印象的でした。

写真は許可を得て撮ったバディとの写真です。

午後の授業を受けたあと、生徒たちはホームステイ先に帰っていきました。

いよいよ明日は生徒のみんなと一緒にバンクーバーに行きます。

PAGETOP
Copyright © 学校法人 弘前学院聖愛中学高等学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.