出会い

出会いの時間は佐々木尚子先生です。シェル・シルヴァスタイン作、絵本「おおきな木」の紹介でした。少年とおおきな木が交流するお話しでした。おおきな木は少年の成長を見守り続けました。少年の人生の節目でおおきな木は少年に様々なものを与えました。少し大きくなった少年が「買い物をしたい」というとおおきな木は自分になっているりんごを与えお金にかえさせました。「家がほしい」というとおおきな木は自分の枝を与えました。「舟がほしい」というとおおきな木は自分の幹を与えました。そして切り株だけになりました。やがて年老いた少年がやってきて「休みたい」というとおおきな木は自分の切り株にすわることをすすめました。若いころこの本を読んだ佐々木先生はこのおおきな木は両親だなと感じたそうです。しかし、子育ても終えた今は、おおきな木は子供かもしれないと思うようになったそうです。同じ作品でも読む時期によって感じ方が違うんですね。両親であれ、子供であれ、いつも与えてもらっていることを感じ、感謝できることが素晴らしいですね。さわやかな風が吹いたようです。

クラス担当礼拝リハーサル

26日(木)は2年Aクラスのクラス担当礼拝です。そのためのリハーサルをしています。「もっと声を出して。ピアノの音に負けてるよ。」満仲先生の厳しい指摘があります。こうして素敵な礼拝ができるのですね。

高校3学年全体集会

高校3年生は30日(月)から最後の試験を迎えます。その後、2月1日より自宅待機に入ります。試験を迎える準備と自宅待機の過ごし方について、生徒指導部の加茂先生と学年主任の中村先生から注意がありました。卒業に向けてカウントダウンです。それにしても寒い体育館でした。

高等学校進学許可書授与式

内進学を希望した中学3年生に高等学校進学許可書授与式が行われました。中学副校長の松野先生から年度末、年度初めの日程説明や提出書類の確認がありました。中学生は一足早く高校生気分です。