音楽と祈り

第11回目の音楽と祈りです。今日は「コヴェントリー・キャロル」の紹介でした。イエスの誕生を恐れたヘロデ王によって2歳以下のすべての男の子を殺すように命じられたという聖書に基づいたクリスマス・キャロルです。明るく楽しい曲の多いクリスマス・キャロルですが、この曲は暗い、不協和音のある曲でした。不安な気持ちになりました。
今日の写真は放送室の様子です。生徒が担当し、教師が見守っています。

星づくり

中学生1,2年生は1時間目星づくりです。作った星は廊下や生徒昇降口に飾られます。中央廊下のリース、各扉のクリスマスカード、各教室のアドベントアレンダー・・・。いよいよクリスマスが近づいてきました。