d160920

第6回の音楽と祈りです。ジャン・ラシーヌの詩による讃歌(ガブリエル・フォーレ作曲)が紹介されました。オックスフォード・ニュー・カレッジ聖歌隊の歌声に「とても、心が落ち着く曲調で歌詞の一つ一つにイエス・キリストへの強い信仰が感じられる曲だったと思います。」という感想を寄せてくれた生徒がいました。