聖愛の歴史1

 戻る1 | 2 || 進む 

1886(明治19)年

弘前教会牧師であった本多庸一は函館遺愛女学校ハンプトン女史と協議の上、キャロライン・ライト夫人の寄付による基金の一部をもって、教会内に女学校を開設。教師は2名、生徒十数名のうち男子2名がまじっていた。校名はミセス・ライトにちなんで来徳女学校と称し、教育の実務は山鹿元次郎が担当した。
hond01c

1888(明治21)年

長谷川誠三は数人の同志と女学校設立基金を募り、元大工町に校舎を建築した。

hasegawa motodaiku3s

1889(明治22)年

弘前女学校として設立認可、生徒は小学科、本科、あわせて七十余名となった。

1901(明治34)年

坂本町校舎を新築、移転。生徒164名、教員12名となった。

saka01

1912(明治45)年

第13代校長、E・アレキサンダーが設立者を兼ね、米国美以婦人伝道協会の経営となった。

 

 戻る1 | 2 || 進む 

PAGETOP
Copyright © 学校法人 弘前学院聖愛中学高等学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.